破錫|秦 世和

SEIWA HADA
SEIWA HADA Tin crafts exhibition

破錫|秦世和
2015年4月6日(月)〜18日(土) 11:00-18:00 日曜休廊

瀬戸美術
大阪府大阪市中央区伏見町3-2-8 池芳ビル
TEL 06-6223-3332 setoarts@gmail.com

image image image image
破錫

人は完全なものに憧れ、それを望むー
誰しもが持つ果てない欲望は決して全て埋められることはないが、むしろ埋めようと努力するからこそ人は本来のヒトとして成り立っているのであろう。
対して無機質で、ある意味で完全な物質とも言える金属にはズレや欠けは本来許されるべき姿ではない。しかしその金属面の一筋のヒビが、満たされていない今の自分と重なる時、矛盾するかもしれないが不完全であるからこそなんとも言えない落ち着きをくれる。

破錫(ヤブレスズ)は錫作家秦世和の造語で、錫の表面にヒビを入れることで景色を出しその空間に移ろいや儚さを表現する技法である。

淀屋橋界隈にて春に開催されるフェスタアート大阪の企画展示です。
大阪では3年ぶり2度目の個展となります。ぜひご高覧下さい。

FestartOsaka2015
フェスタアート大阪 http://festart.net


hadaseiwa
秦世和 愛媛県出身。
京錫源・清課堂にて錫器製法を教わり、独立後、ひび割れを景色とする 「破錫」を考案する。素材性を活かし、古の流れを継ぐ寂の空間を追う。