Finder|阪本トクロウ

2014年4月7日(月)~19日(土)11:00 ~ 18:30 日曜休み 
float

20140227-001023.jpg

この度大阪北船場界隈で開催されるフェスタアート大阪2014の参加企画展として阪本トクロウの小品展を開催します。阪本は東京芸術大学美術学部絵画科日本画専攻を卒業し、現在注目を集める作家のひとりです。また千住博先生の門下としても各社美術画廊などのグループ展にも精力的に参加しています。

THE VOID -
私の作品の画面は何か物足りないくらいで多分ちょうど良いのです。
何もない空間が主役なのだから。

阪本トクロウ

阪本の作品には独特の世界観があります。何故なら作品の中に主体、主観を置いていないからです。
阪本は作品の前に主体を置き、画面には主体を失った背景を描きます。背景画というと、なかなか作品への評価としては意見の分かれるポイントだとおもいますが私はその世界に引き込まれてしまいました。主体がないから飽きないわけで、ずっとその景色を見ていられる。いや見ているというより眺めている..ぼーっと眺めている感じなのです。この独特な世界観を是非感じていただきたい。
今回の展示では阪本が実際行ったスケッチを作品に起こした水彩作品とアクリル作品を展示します。

tokuro阪本トクロウ

◆経歴
1975 山梨県塩山市生まれ
1999 東京藝術大学美術学部絵画科日本画専攻卒業
2001 早見芸術学園 日本画塾卒

◆受賞歴
昭和シェル石油現代美術賞
新生展
アクリルアワード
第21回安田火災美術財団選抜奨励展
第20回グラフィックアート「ひとつぼ展」
第9回リキテックスビエンナーレ
第3回夢広場はるひ絵画ビエンナーレ
群馬青年ビエンナーレ’03
シェル美術賞
ワンダーシード
トーキョーワンダーウォール2005
第3回東山魁夷記念日経日本画大賞展
ArtawardnextⅡ

パブリック
山梨日日新聞小説「秋桜の迷路」挿絵 4-5月
大木記念美術家助成基金成果発表展 山梨県立美術館
収蔵品展 山梨県立美術館
ART Shanghai 2007上海
新収蔵品展 山梨県立美術館
VOCA2008上野の森美術館
ART Singapore 2008シンガポール
YOUNG ART Taipei台北
Daegu Art Fair大邸
ASIA TOP GALLERY HOTEL ART FAIR HK10香港
グループ展「ひびきあう作品たち」山梨県立美術館
ASIA TOP GALLERY HOTEL ART FAIR HK11香港
新収蔵品展山梨県立美術館
グループ展「landscape」ベルリン
グループ展「Un-Natural Constellations」ニューヨーク

その他個展・グループ展多数

プレスリリース :: press20140407.pdf