メディア関係者の皆様へ

この度はプレスリリーを通して当店催事に興味を持っていただきまして誠にありがとうございます

芸術の秋

大阪淀屋橋にて開催される現代アートの展覧会情報

PHOTO:畠山 崇

瀬戸美術 創立5周年記念 特別展|荒木高子 聖書

2018年11月 5日(月)〜 24日(土)
11:00 – 18:00 日祝休廊 最終日は16:30まで
瀬戸美術 大阪市中央区伏見町3-2-8 池芳ビル6階

この度瀬戸美術では創立5周年を記念して「特別展|荒木高子 聖書」を開催いたします。

荒木高子(1921 – 2004)は兵庫県西宮市出身(三田市にて没)
高子は華道未生流宗家の家に生まれます。15歳の時父が他界して家元代行を務めます しかし好奇心旺盛な高子はガラスオブジェの創作を始めたり須田剋太に師事して絵画を学び、大阪 梅田にて現代美術の画廊「白鳳画廊」を開くなど40歳まで自由奔放な生活を送ります。 転機が現れたのは1963年、40歳を過ぎて欧米を巡り、工芸の世界に入ります。 そして79年に日本陶芸展の最優秀賞を受賞します。その時の作品が陶器で作られた「聖書」です。
荒木高子の聖書はページを一枚一枚製作し、文字を版画の要領で陶器に焼き付けていきます。
その莫大な労力と、いかにも崩れそうな聖書は観るものを引きつけます。

本展では荒木高子の聖書の作品を7点展示します。
狭小スペースではありますが見ごたえのある展示ですので是非ご高覧ください。

展覧会
2011 荒木高子展-心の深淵に迫る-(兵庫県陶芸美術館)
1996 荒木高子展 いきざまを焼く (西宮市大谷記念美術館)


文献より 荒木高子

兵庫県西宮に生まれる 父は華道未生流宗家荒木白鳳(幸吉)、母・豊
15 歳 父の死去に伴い、高等女学校を中退して、家元代行をつとめる
29 歳 このころから、ガラスのオブジェの創作をはじめる
31 歳 画家須田剋太に師事し、絵画を学ぶ
35 歳 大阪市梅田で、白鳳画廊を開く 画廊は、1960 年(昭和 35)まで経営
42 歳 画廊を閉めた後、アメリカ・フランス・スペインをめぐる この年、西宮市の自宅に築窯
立杭(篠山市今田町) 丸八窯、京都市工芸研究所(現京都市産業技術研究所) で、本格的に陶芸を学ぶ
この後、独力で研究を重ね、自身の造形の世界を作り上げていく
57 歳「聖書」作品をはじめて美術展に出品し、優秀賞を受ける
58 歳「聖書シリーズ」の 3 作品が、日本陶芸展で最優秀賞を受ける これ以降、聖書シリーズが展開され、旺盛な制作活動を続ける
70 歳 三田市藍本にアトリエ(荒木陶芸研究所)を開設
74 歳 阪神淡路大震災で、西宮市の自宅が全壊 三田市のアトリエに住み込み、造形を続ける
76 歳 三田市市民文化賞
82 歳 病(肝不全)を得て入院中の三田市民病院で死去

「荒木高子展-心の深淵に迫る-」(2011 年 兵庫県陶芸美術館)図録より抜粋

陶芸家 荒木高子が作陶をはじめたのは、40 歳を超えてからであった。 独力で研究を重ね、新たな造形の世界を展開し、82 歳で生涯を閉じるまで、たゆみなく製 作を続けた。
初期の彼女の作品は、円筒形を少し湾曲させた形で、松葉などを燻べて煤を素地に定着させ る黒陶の製法で作られた。 磨かれた黒陶の表面は磨かれているが反射ではなく、吸い込むような力強さの色調を見せる。
荒木高子の名を世に知らしめたのは、1978 年京都における「日本クラフト・コンペ展」に 初めて出品され、以降生涯を閉じるまで、約 20 年にわたって作り続けられた「聖書」シリ ーズである。 シルクスクリーンの技法で、聖書の文言が丹念に写し取られ、今にも崩壊しそうな様相を示 している。 彼女独自の表現である「聖書」は、見るものの心の奥底に働きかける力をもち、さまざまな 思いを呼び覚ます働きさえ有している。
晩年は、脳梗塞を患うなど入退院を繰り返したが、作陶の意欲は衰えず、病室に制作途中の 作品を持ち込み、創作に励んだ。
最後の入院となった三田市民病院で洗礼を受け、2004 年 3 月 15 日、生涯を終えた。

参考 「荒木高子展-心の深淵に迫る-」(2011 年 兵庫県陶芸美術館)図録


作品画像
下記の画像をご提供します。
ご入用の方はメディア媒体 担当者名 掲載日 希望画像 希望形式(jpeg,tif) サイズをお知らせください
以下の画像をご利用の場合、「撮影 畠山崇」を明記いただきますようお願いします。
(jpeg,tif)

お申し込み setoarts@gmail.com


画像1


画像2


画像3


画像4


画像5


画像6


画像7


近隣のおすすめ

例大祭「神農祭(しんのうさい)」 少彦名神社

ニュー・ウェイブ 現代美術の80年代 国立国際美術館

金子潤展 福住画廊(アメリカ在中 荒木高子と親交のあった作家です)

西山美なコ Yoshimi Arts


お問い合わせ:嶋本(しまもと) 06-6223-3332 setoarts@gmail.com

瀬戸美術 大阪市中央区伏見町3-2-8 池芳ビル6階